トップページ

会社概要

  • 法人名:株式会社Everエフォート(エバーエフォート)
  • 設立:2013年4月2日
  • 資本金: 1,500万円
  • 代表者:代表取締役社長 青木 一平
  • 所在地:
・本社
東京都豊島区池袋2丁目36-1 KTエクセルビル7F
・飯田橋オフィス
東京都 新宿区 新小川町5-4 NICビル2F
  • TEL:03-4376-5373
  • FAX:03-5985-1537
  • 従業員数:90名
  • 事業内容:
  • コールセンター事業、アライアンス事業、フラワー事業、コンサルティング事業

沿革

2013.04 株式会社Everエフォート 設立
2013.08 従業員数30名に拡大
2013.09 KTエクセルビル(池袋)に本社移転
2013.11 従業員数45名に拡大
2014.03 従業員数60名に拡大
2014.04 NICビル(飯田橋)に支社オープン
2014.07 従業員数75名に拡大
2014.09 従業員数90名に拡大

事業紹介

  • コールセンター事業
コールセンター受託やテレマーケティングサービスを提供しています。
お客様を大切にしており、最高のホスピタリティあるコールセンターを提供したいという方はご活用ください。
  • 法人ソリューション事業
LED導入、プリンターレンタル、レーシック取次ぎ等、お客様の目線に立って、コンサルティングをしています。
WINWINになって初めて商売が成り立つという観点から、導入メリットがないお客様に対しては一切営業をしていません。
お客様のニーズにあった商品のみ、提供していただきます。

エバーエフォート 社訓

全従業員の努力の先にある可能性を信じ、幸福を追求する。
また、地域、社会がより豊かに、安全に、存在し続け、発展していける貢献する。
・謙虚に素直な気持ちを持って、発言、行動する事
・従業員の可能性を信じ、発言、行動する事
・己の可能性を信じ、発言、行動する事
・従業員の幸福の追求を怠らないよう、発言、行動する事
・常に感謝の気持ちを持ち、発言、行動する事
・評価で平等であるよう、発言、行動する事
・発言提案は役職関わらずに平等に出来る環境である事

代表メッセージ

・営業品質から生まれる、より高い顧客満足への挑戦―。
生産者と消費者をつなげる高い営業品質。それがエバーエフォートの強みです。
お客様の満足を一番に考え、信用ではなく信頼にこだわった関係性を構築していきます。
平均年齢24歳と、非常に年齢層が若い事も特徴で、失敗を恐れないチャレンジ精神を強みに日々より高い顧客満足を生み出せるよう挑戦を続けています。
そして、その挑戦こそが、社員一人一人の成長につながり、お客様、パートナー様、エバーエフォートとの間で良い好循環を生み、WIN×WIN×WINの関係を構築できると信じています。
今後も、エバーエフォートと関わる全ての人が幸せになれるよう、絶え間ぬ(エバー)努力(エフォート)を続けてまいります。

株式会社Everエフォート
代表取締役 青木一平

エバーエフォート 従業員インタビュー

・ゼネラルマネージャー

Q.大切にしている流儀はなんですか?
『愛社精神を最大化し、突き抜けた組織を創る』
Everエフォートの立ち上げから、代表や仲間とのこれまでを改めて振り返ってみて―。

私は弊社設立時はまだ在籍していなかったのですが、設立2年目に入社することになりました。
今、こうした立場になり、この役職でやらせていただくにあたり
『代表のビジョンや考え、仲間への想い』を、そのまま部下に落とし込み、伝えていきたいと思っています。

代表と立ち上げメンバーが作り上げてきた会社、
そして、仲間が大事にしている会社を、私はもっと盛り上げて、
1番にするために強い仲間、愛社精神を持つ仲間が増えるよう魅力を伝えていきたいと思っています。
弊社の強みである代表と責任者陣のベクトルの一致と、何より愛社精神を最大化し、突き抜けた組織を作ります。
そのために働きやすい環境、競争環境、性別、年齢、学歴関係なく
頑張っている人が評価される環境を目指します。

・コールセンタースタッフ

Q.モチベーションを保つ秘訣はありますか?
『自分の最大限を、常に意識する』
一生懸命自分の最大限を常に意識することです。
お客様1人1人にあったニーズやメリットを誠心誠意ご案内させて頂き、
ご納得頂いて初めてお客様や会社から良い評価を頂けると思っています。
ですので、常にもっと良い提案が出来ないか、もっと分かりやすくお客様に伝えられる方法があるんじゃないか等、現状に満足せずに努力をし続けることですね。
追求した分だけ、様々な評価を頂ける環境に感謝をしながら働いています。

コールセンターとは

コールセンターは、顧客への電話対応業務を専門に行う事業所・部門である。大手企業の問い合わせ窓口のような、電話回線数や対応するオペレータ人数が多い大規模な施設を「コールセンター」と呼ぶことが多い。日本では104番号案内や116総合受付などの日本電信電話公社の電話業務センターおよび民間業者による電話代行に端を発する。企業によって有料サービス、もしくは無料サービスにて受け付けている。

一般消費者向けの通信販売・サービス業・製造業を行う企業(会社)が、苦情・各種問い合わせ・注文を受け付けるものが多い。 また、従来は受付対応(インバウンド)が主業務であったが、近年は新規顧客の開拓業務やマーケティング(アウトバウンド)にも利用されている。 特殊な利用法の例としては、そのマンツーマンであるシステムから、治験における二重盲検試験の盲検性を確保するためにも利用されている。
業務としては、大きく消費者からの電話を受けるインバウンド (In bound) と、企業からセールスなどの電話をかけるアウトバウンド (Out bound) の二つに分かれる。両方を扱うセンターもあれば、いずれかのみを扱うセンターもある。

1990年代より、オペレータの負担を軽くする機械化などシステム全体の構築に技術・経験が必要となり、オペレータの採用教育やインバウンド受付時間の延長など運用面でも高度化したため、コールセンター業務を専門に請け負う業者への、アウトソーシングが主流となった。

コールセンターと立地条件

従来、企業や工場などが直営していたが、フリーダイヤルやナビダイヤルなどの高度電話サービスが拡充し始めた1995年頃から、比較的賃金コストが低く抑えられる地方都市において、コールセンター運営企業へのアウトソーシングが多くなった。このために、コールセンターのオペレータと話をする場合、地理的な感覚がずれる(問い合わせた人が東京へかけたつもりで話をしたところ、受け側のコールセンターは沖縄にあったために、オペレータは都内の地理が分からず、結果的に場所の説明に手間取る)こともある。例外的にNTT104は、全国のデータがコンピュータで引き出せる為に、住所さえ分かれば、電話番号に限り問題なく対応が可能であり、全国各地にセンターが置かれている。

地方にコールセンターを開設した場合、東京や大阪などの大都市から遠いため、専用線・IP電話(IPセントレックス)などを併用して、コールセンター開設企業の通信コストを下げる(沖縄で見た場合、離島特例により隣接MA地区とされている鹿児島市以外は、すべて最遠距離の通話料になり電話料金が非常に高くなる)。また、地方公共団体が電話料金や初期投資に対して一定の補助金を支出しているため、総合的なコストは少なくて済んでいると考えられる。

全国各地にコールセンターが設置されているが、とりわけ札幌市や仙台市は、言語が標準語に近いことや、自治体が誘致に熱心である等の理由から、コールセンターの進出が多い地区のひとつとなっている。また近年では女性や学生の人口が多く、東日本大震災後のリスク回避の観点から、福岡市でのセンター開設が増加している。

海外のコールセンター

さらには、国際電話が安価なIP電話で、時差を利用し24時間対応を行うため、人件費の安い複数の国にコールセンターを持ち、業務を請け負う事業者もあり、委託する企業が増加している。受け入れ側の国から見た場合、言わばサービスを輸出することで外貨を獲得できるという利点がある。
英語・スペイン語での対応が多いが、日本語での対応が可能なサービスもある。
代表的なのは中国で、大連市には、DELL、hp、GE、光通信、日本インベスト、MIコミュニケーションズ、マスターピース・グループなどのBPOコールセンター、コンタクトセンターが設置されている他に、北京市でも大手コールセンター企業のテレパフォーマンス・チャイナが置かれている。
またタイ王国でも、BOI(タイ王国政府投資委員会事務局)が2002年10月30日にコールセンターを投資奨励業種と定め(2005年2月に奨励業種名をBPOと改称し奨励範囲を拡大)、日系ではアジア・ダイナミック・コミュニケーションズ(現社名「マスターピース・グループ(タイランド)」)、ミットサイアム・テレサービスが投資奨励恩典を取得している。

電話代行

電話代行とは、一般的には依頼者の代わりに電話応対を行なう代行サービス業を指す。秘書代行(ひしょだいこう)、電話秘書代行(でんわひしょだいこう)などとも呼ばれる。
昭和40年代には始まっている古くからの代行サービスである。
ボイスワープなどの電話転送サービスを使用して業者側の電話番号から依頼者へ通話を転送するタイプと、逆に依頼者側の番号から業者へと逆転送をするタイプと、そのどちらでもない業者側の電話番号で業者が受けるタイプがある。
電話代行業者は私設私書箱を兼業する場合も多い。また契約には身分証明書が必要な場合が多い。電話回線を利用するため、事前に保証金を預かる場合や、初回のみ入会金が発生する場合も多い。
ボイスワープなどの電話転送サービスを使用する方式の電話代行には主に2種類あり、どちらも慣習的に電話代行と呼ばれるため紛らわしい。どちらも電話転送を使用するが、転送の向きが異なる。
一つは、電話代行業者は電話番号を貸し出すにとどまり、電話応対は依頼者が行なう種類のもの。電話代行業者が用意した電話回線に掛かってきた通話を依頼者の回線に転送(ボイスワープ)し、依頼者が会話をする。正式には「貸し電話サービス」などと呼ぶべきものだが、電話代行業者がサービスの提供を行う場合が多い。
局番から会社の所在地が類推できるため、地方、またはSOHO事業者が東京などの一等地に事務所があると見せる必要がある場合に事業主が利用する例が多い。一等地の局番だけだと不都合な場合は、住所貸しとセットにて電話代行の申し込みを行うことで名刺表記にも不自然なことが無くなる。
もう一つは、依頼者側の電話回線に掛かってきた通話を電話代行業者に転送(ボイスワープ)し、代行業者が電話応対する種類のもの。出張などが多い個人事業主、小規模事業所の昼食時間帯のみの代行、少人数の事務員しか居ない場合、特定の窓口(苦情、返品受付)として、掛かってくる顧客からの電話を受け逃さないようにするために利用するような例が多い。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィス(Virtual office)という表現には、現在2つの用法が存在している。

・オフィスが果たしていた機能を代替するITインフラ、あるいは代替するサービスそのものを言う。
・上記とは別の文脈で、レンタルオフィスのサービス提供の形態としてバーチャルオフィスというカテゴリー。

この2つの言葉はそれぞれオフィスに必要な機能を、「実際のオフィスを必要とすることなく実現する」という意味をもった言葉である。ここで簡単にオフィスの機能を振り返ってから、2つのアプローチがどのように代替しているのかみていく。

対向島型の日本の伝統的なオフィスで課長のもと男性総合職が女性事務職にお茶をついでもらう、というオフィスの形はインターネットに代表されるコミュニケーションネットワークの発達や会社内部での情報共有の電子化等によってその姿を大きく変えつつある。携帯電話の急速な普及を皮切りに、ロータスノーツやサイボウズに代表されるグループウェアやテレビ電話・電話会議システムはもとよりSkypeなどのインターネット電話の普及がこの流れを一層後押ししており、もはやなんら特別な事ではなくなりつつある感もある。

ここでいうところのバーチャルオフィスはオフィスの機能でいうところの内部コミュニケーション機能と顧客対応機能をITインフラを通じて実現することで、場所を共有しなくても仕事を一緒に進めていけるというスタイルであるといえる。

レンタルオフィスのサービス提供形態

実際に入居することなく住所・電話番号をサービスベンダーから借り受け、届いた郵便物は転送し、かかってきた電話にはオペレーターが応対するようなサービスをバーチャルオフィスという。「あたかも入居しているように」オフィスの機能が用意できることで、実際にオフィスを開設する際に発生するイニシャルコストを大幅に削減し、スペースや対応する事務社員の人件費を月額1万から5万円程度までに圧縮できる事もあって、スタートアップ時のベンチャー企業や都心部にクライアントをもつSOHOを中心に利用が広がっているサービス。最近では営業所を縮小してバーチャルオフィスに切り替える企業も増えている。ここでは先にあげたオフィスの機能の全てが一定の制限の元実現されている。(金庫・倉庫の機能も外部倉庫を組み合わせる事で解消している事業者もいる。)

インキュベーションオフィス
起業や創業のために活動する入居者を支援する施設。インキュベーション (Incubation)とは卵を孵化させるといった意味がある。公的機関や大学などのほか、ベンチャーキャピタルや経営コンサルタントなどの運営するものもある。また、おもに大企業などでグループ企業内の新規事業立ち上げなどに特化した施設を設けているケースもある。入居者はあらかじめビジネスプランなどの審査を受けたり、入居後も運営者によって定期的な検査を受ける必要がある場合も多い。

サービスオフィス
レンタルオフィスのうち、ワークスペースや通信環境の提供だけにとどまらず、エントランスや会議室などの共用施設を設け、さらにテナントの希望によって受付や電話応対・秘書などの人的サービスまで提供する高付加価値型のビジネスモデルを、特に「サービスオフィス」と区別して呼称する場合がある。サービスオフィスそのものを固有名詞として使用している事業者もあるが、最近では運営母体に関わらず一般名詞として使用されるケースも少なくない。

サービスマンション/サービスアパートメント
住居とオフィスを兼用できるスペックのレンタルオフィス。サービスグレードによって一ヶ月の賃料が20万から300万程度の開きがあることも珍しくない。

ビジネスコンビニ

ビジネスコンビニは、ビジネスのシーンで必要になる事務用品、印刷、製本などのサービスを取り扱う店舗、あるいはその業態のこと。オフィスコンビニとも呼ばれることがある。

通常コピー・データ出力サービスを扱うPOD(プリントオンデマンド)の店舗を指すことが多いが、近年サービスの多角化が進んでいる。 代表的なサービス提供者にはキンコーズ、ネットスクウェア、MBE(Mail Boxes Etc.)、DESK@(デスカット)などがある。
主な取り扱い業務

代表的な物を列挙する。

  印刷・コピー

      コピーの場合、一般的なコンビニエンスストアと同様、利用者が自分で機械操作を行うものと、店員に作業を委託するものがある。

  製本
   展示物・販促品の作成

      代表的なものには、名刺、ポスター、チラシ、POP、パンフレット、ステッカー、カレンダー、はがき・封筒(ダイレクトメールを含む)などがある。

  パソコン利用

      上記の出力サービスを行う際のデータ作成・仕上げ・入稿確認に用いられることが多いが、インターネットの利用や文書作成、スキャニング、印刷も行える。WindowsとMacintosh両者のパソコンを設置することが多い。

特色

  キンコーズは、POD路線で、多くの店舗での24時間営業を活かした印刷業からの受注や、店舗周辺の事業所のPOD需要を吸い上げる形で店舗を拡大している。フェデックスグループの当時は、国際宅配便の取り次ぎ業務も行っていた。
   オフィス24が運営するMBEは、私書箱や物流にもサービスを広げた多角化路線で住宅街などにも進出している。
   コクヨグループであるネットスクウェアは、郵便局内やJR駅構内、上海などへの出店を広げているが、一方で時間貸しレンタルオフィス「デスカット」も運営している。モバイラー向けのサービスや、事業用住所貸しサービス「バーチャルオフィス」などのサービスを拡大しており、展開が注目される。

ビジネスとは

ビジネス(英: Business)は、経済行為を表す用語であり、狭義から広義まで様々な意味を持っていて、1つの日本語に置き換えて表現することはできない。以下に、ビジネスの代表的な意味を、簡単な表現事例をとともに記す。

  一件あたりの商談、商取引、売買、など(商売)を表すビジネス

  例 : ビジネスが成立した。

  仕事や職業、業務などを表すビジネス

  例 : 私のビジネスは……

  商業活動や経済活動全般を表すビジネス

  例 : 昨今のビジネスは…… ビジネス界においては……

広義のビジネスについては次のように表現することが出来る。ビジネスとは営利や非営利を問わず、また、組織形態を問わず、その事業目的を実現するための活動の総体をいう。したがって、ビジネスの主体者としては株式会社などのような営利企業だけなく、NPOなどの非営利活動法人や住民サービス提供などを行う行政組織等を含み、個人または法人組織などの事業体がそれぞれの事業目的実現のために、人・物・金・情報などの諸資源を活用して行う活動全体を意味する。

略語 biz

古くから知られるショウ・ビズ(SHOW BIZ - 芸能)や、新しくはクール・ビズ(COOL BIZ)で広く知られるようになった英語 business の略語 biz は、英語にて3文字を取って bus 等と略すると、道路を走る「バス」の意味となってしまうため、発音に合わせてスペリングを変えてできた略語である。インターネットのドメイン名にも .bizや.bz がある。すでに、1800年代には登場していた略語でもある。

商業とは

商業とは、財やサービスなどの商品を所有している人やまたは存在している場所と、必要としている人または必要としている場所を結びつけることにより利益を得る産業または経済活動である。多くは貨幣の媒介を経て市場や個々の店舗において取引(商取引)という形式をとって行われる。ただし、貨幣や市場などを媒介しないケースを含める場合には「交換」と呼ぶこともある。また、「商業的」という場合、「営利を目的として」という意味になる(例:商業的生産)。産業の類には含まれるものの、第一次産業と第二次産業とは大きく異なり、いわゆるサービス業に近い一面を持っている。

概要

商品と仕入先と販売先とのすべてが存在しないと商業は成り立たず、社会の変化に対応しなければならないものである。さらに商業でも同じ地域(もしくは経済圏・文化圏)の内部での分業に基づいて行われる例と異なる地域の間で行われる例(遠隔地交易/遠隔地商業)に分ける場合がある。
同じ地域内で行われる取引の場合、相互に使われる言語・交換手段(貨幣など)が一致する場合が多く問題は少ないが、互いの言語・交換手段の違う相手間ではコミュニケーションを取ることが困難であった。そのため、最も古い形式では沈黙交易と呼ばれる手段が取られていたと考えられている。やがて、同じ地域間での取引と同じような対面交易が始まると、両者間を仲介するための仲買業者や問屋、異なる体系の貨幣を交換(両替)する両替商などが登場するようになった。
現代の日本において、第三次産業の一つに位置付けられ、卸売業、小売業、飲食店などを含んでいる。

ビジネスとは

ビジネス(英: Business)は、経済行為を表す用語であり、狭義から広義まで様々な意味を持っていて、1つの日本語に置き換えて表現することはできない。以下に、ビジネスの代表的な意味を、簡単な表現事例とともに記す。

  一件あたりの商談、商取引、売買、など(商売)を表すビジネス

  例 : ビジネスが成立した。

  仕事や職業、業務などを表すビジネス

  例 : 私のビジネスは……

  商業活動や経済活動全般を表すビジネス

  例 : 昨今のビジネスは…… ビジネス界においては……

広義のビジネスについては次のように表現することが出来る。ビジネスとは営利や非営利を問わず、また、組織形態を問わず、その事業目的を実現するための活動の総体をいう。したがって、ビジネスの主体者としては株式会社などのような営利企業だけなく、NPOなどの非営利活動法人や住民サービス提供などを行う行政組織等を含み、個人または法人組織などの事業体がそれぞれの事業目的実現のために、人・物・金・情報などの諸資源を活用して行う活動全体を意味する。

流通戦略とは

流通戦略(りゅうつうせんりゃく)とは経営学用語の一つ。企業が業績を向上させることを目的として、流通チャネルをコントロールしていくなどといった形での経営改革を行うということ。現代社会においてはインターネットが発達しており企業はこれを活用した流通戦略を実施している。これはインターネットの通信販売という形式であり、これの利用ならば商品が急に必要になった場合にでも、インターネットの通信販売サイトで注文を行うということで、急に必要になった商品を翌日に自宅に届けられるという形で入手することが可能になったということである。また希少価値のあるような商品でも通信販売サイト内を検索するということで即時に見つけ出し入手することが可能になったということであり、従来のように希少価値のある商品を探し回るということを行わなくてもよくなったということである。









  • 最終更新:2016-04-21 09:57:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード